Loading...

Journalジャーナル

専属ジュエリーデザイナー 日向ユリナ Vol.3
ジュエリーを通じて、お客さまがアイデアを生み出す体験をつくりたい

People | 2019.07.10

アイデクトのジュエリーデザイナーとして活躍中の日向ユリナ。Japan Qualityのジュエリーに関する魅力や今後の目標など、デザイナーならではの視点で語ってくれました。「アイデアを生み出すこと」を、ご自身でも楽しんでいらっしゃる彼女。デザイナーとして抱く、ジュエリーに対する熱い想いに迫ります。 Photo: Ikuo Kubota (OWL) / Text: Tomoko Katoh

時空を超えて、お客さまのアイデアを形にしたい

アイデクトのジュエリーデザイナーとしてたくさんのお客さまと出会い、多くの感動を生み出してきた日向。デザイナーとして、これからどのような仕事をしていきたいか尋ねてみると「時空を超えた仕事をしたい」と笑顔で語ってくれました。従来のように、「お客さまにご来店いただいて、一緒にデザインを考える。それはとても素晴らしい時間です。これからも大切にしていきたい仕事のスタイルであることは間違いありません」と話します。しかし一方で時代は急速に変化し、デジタル化も進みました。そこで思い描くようになったのは、「お客さまがご来店いただかなくても、デザイナーとして働けるようなスタイル。例えば、アフリカの少女が描いたデザインをジュエリーに落とし込む。時空を超えるイメージです。それってすごいことだと思いませんか?お客さまも、ご自身で描いた絵をどこにいたとしてもジュエリーの形にできたら、とても嬉しいことだと思うんです」と目を輝かせました。

「今はSkypeやSNSなど、オンラインで繋がる時代。時空を超えたカスタマイズで、お客さまが望むサービスを実現していきたい」と熱く語ってくれました。「アイデアは、お客さまご自身で手にすることができる時代。お客さま自身がアイデアを形にする喜びを体験することができるんです。だからこそ私はデザイナーとして、お客さまご自身のアイデアを形にする仕組みをつくりたい」。デザイナーという立場で取り組みたいことは、どんどん膨らんでいるようです。

またジュエリーに欠かせない石については「古来から地球に存在するもの。そして、自然が人間に与えてくれるもの」と表現してくれました。そして「今までは商業価値がないと思われていた天然石にも価値を見出し、目を向けることができたら面白いと思います」とコメント。宝石は食べられる訳でもなく、生活必需品ではありません。それでも人を惹きつけ、時として心を奪う存在です。だからこそ、古来からパワーストーンなど御守りとしても用いられてきました。「お客さまが石を通じて秘めた想いや魅力を発掘し、ご自身のインサイトに気づいてもらえたら嬉しいです。お客さまご自身が新たな視点やアイデアを生み出す体験をつくってゆきたい」と、真剣な眼差しで語ってくれました。

このように、お客さまのパーソナルな魅力を引き出し、天然石に新たな価値を見出すことができたなら「アイデクトはジュエリー関連の小売業がリーチできない、特別な存在になれると思います」。ジュエリーは非常に高額のものなので、ジュエリーに関するお悩みを友人や家族に相談できない方も多いそう。自分自身は「何かに迷っていたり、困っているお客さまの背中を押せる存在でありたい」とこれまで多くのお客さまに接してきたデザイナーだからこその想いを語ります。時代の変化とともに、デザイナーのあり方も進化し続けるのかもしれません。

Japan Qualityに秘められた魅力とは

数多くのジュエリーに接している日向さんに、Japan Qualityのジュエリーについての魅力を聞いてみました。そこで見えてきたのは、日本の厳しい検品基準。「宝石をセットする座の高さや、側面の美しさなど、細かい部分まで日本は厳しくチェックしています」と話します。日本と海外では、「このクラフトマンの技術」に歴然とした差があるそう。「例えば、宝石の裏側。隠れた部分まで、綺麗に仕上げるのが日本のクラフトマンがつくり上げるものの魅力です」とコメント。そこには、「手をかけるとこうなる」という必然に生まれる美しさが存在します。「日本製のジュエリーは、引っかかりも少ない。細部までこだわるからこそ生まれる、『思いやり』を感じる職人技が詰まっています」。

また、日本のクラフトマンの仕上げるものは、全てに理由があるそう。「海外は、インスピレーションを大切にするので、イメージに合わせて工程が変化することも。これに対して、日本は、一つ一つ正確に仕事をこなす。『この部分をこうするのは……だから』という明確な理由があります」と話します。だからこそ、「デザイナーは思いつきが必要です。クラフトマンがつくるものは盤石なので、思い切ってデザインは思い切って振り切ります」と目を輝かせました。

「デザイナーは思いつきが必要だからこそ、人とは違うもの、個性が大切」と日向。デザイナーを志している方へ、「アイデアが一番大切です」と満遍の笑みで即答しました。「急速に発達したデジタルツールは非常に便利。しかし、現在はまだ、手と脳の連動した速さにはかなわない」と言います。「思いついた瞬間にデザインに落とし込めるよう、10代のうちにとにかくデザインを描いてください」。たくさん書いて、その中から「自分で自分に『NO』を出していくことが大事。とにかくアイデアを出す。そして描くを繰り返す」とメッセージをくれました。とはいえ、人は必ずアイデアが出ない時期にぶつかります。「私自身もそうでした。アイデアが出ない時期が続くことがあって……。そういう時は諦めず、無理矢理でもアイデアを出すことが解決への近道です。壁は必ず突破できます」と力強い応援メッセージ。自身も「アイデアが出ない壁」にぶつかった時に、助けてくれたのはお客さまだったと過去の経験を振り返ります。今後はジュエリーデザイナーとして「ジュエリーを通じて、お客さまがアイデアを形にする楽しさ(体験)をつくりたい」とコメント。これからも、彼女の夢、そして活動の幅は広がり続けていきます。

Contactお問い合わせ

お電話

0120-777-679

受付時間
月~金曜
(祝日・休日・年末年始除く)
午前10時~午後6時
電話で問い合わせる

お問い合わせフォーム

お客さまのご都合に合わせてご利用いただけます。お問い合わせは、担当者より順次回答しています。

回答時間
月~金曜
(祝日・休日・年末年始除く)
午前10時~午後6時
フォームから問い合わせる

LINE

メールアドレスのご登録なくご利用になれます。ご都合のよい時間にお気軽にお問合せください。

回答時間
月~金曜
(祝日・休日・年末年始除く)
午前10時~午後6時
LINEで問い合わせる