> TOPへ  > ジャーナル一覧へ

「D」 = Diamond

宝石の王様「ダイヤモンド」が人々に愛される人気の理由に迫ります

2018年12月21日

ダイヤモンドは時を経ても色褪せない輝きを持ち、ジュエリーとして高い人気を誇っています。マリー・アントワネットやマリリン・モンローが愛した宝石としても有名ですが、今でも多くの著名人から愛され続けています。

イギリス王室とダイヤモンドの深い関係

ギリシャ語で「アマダス(屈服しない、不屈なもの)」を語源とするダイヤモンド。最近ではイギリス王室のヘンリー王子が女優のメーガン・マークルに贈った婚約指輪として注目を集めました。ヘンリー王子が自らデザインを手がけた指輪は、エリザベス女王御用達のジュエラー、クリ―ヴ・アンド・カンパニー(Cleave and Company)が制作したもの。大小3つのダイヤモンドが配された上品なデザインが話題となりました。
また2010年、ヘンリー王子の兄・ウィリアム王子はキャサリン妃と婚約した際、故ダイアナ妃の形見であるサファイヤとダイヤモンドの指輪を贈っており、イギリス王室とダイヤモンドは深い縁で結ばれています。

ダイヤモンドの「4C」とは

ダイヤモンドを購入する際、必ずと言っていいほど耳にする「4C」。これはGIA(米国宝石学会)が考案したもの。国際的に採用されている判断基準となっており、日本でもダイヤモンドを鑑定する際、必要不可欠な存在となっています。具体的には①カラット(Carat):重量、②カラー(Color):色、③クラリティ(Clarity):透明感、④カット(Cut):研磨の4つの要素を指していて、これらが石としての評価を左右します。それぞれ①カラットは(ct)と表記され、1カラット=0.2gを意味しています。②カラーは、無色のものをDとし、黄色味のあるZまでの23段階で表現します。③透明度は、表面や内部の状態を確認し、11段階で評価します。④カットは「プロポーション(比率)」「ポリッシュ(研磨状態)」「シンメトリー(対称性)」の3つの要素で、総合的に5段階で評価するのが特徴です。

世界には大小さまざまなダイヤモンドが存在しますが昨年、英国のダイヤモンドジュエラー「グラフ(GRAFF)」がテニスボール大の世界最大の原石を入手したとしてニュースに。ボツワナのカロウェ鉱山で採掘され、「ザ・レセディ・ラ・ロナ」と名付けられた同原石は1,109カラットもの大きさがありました。その落札価格は59億円とも言われています。

英国のダイヤモンドジュエラー「グラフ(GRAFF)」が手に入れた「ザ・レセディ・ラ・ロナ」

ダイヤモンドの輝きの秘密

美しい輝きを放つダイヤモンド。その輝きは、「ブリリアンス(光輝)」「ディスパージョンまたはファイア(光の分散)」「スパークルまたはシンチレーション(閃光)」という3つの相乗効果によって生まれます。「ブリリアンス」は、ダイヤモンド独自の強く白い輝きのこと。「ディスパージョンまたはファイア」は虹色に輝く色彩豊かな光、「スパークルまたはシンチレーション」は見る者の眼の動きによってキラキラと感じる光のことを指しています。

ダイヤモンドの輝きは華やぎももたらし、ハリウッドスターの身に着けるジュエリーとして、毎年アカデミー賞ファッションの目玉にもなっています。「ハリーウィンストンのダイヤモンドを身につけてレッドカーペットを歩くことがオスカー女優への近道」と囁かれたこともあったほど、スターにとってなくてはならない存在です。

また、ハリウッドスターや海外セレブの婚約指輪としても人気のダイヤモンド。ダイヤモンドにまつわるゴージャスなエピソードも後を絶えません。例えば、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ&マイケル・ダグラス夫妻。デザインは、1920年代を連想させるヴィンテージスタイルのもので、10カラットのダイヤモンドをセンターピースに。周りには小さなダイヤモンドを散りばめており価格は100万ドル(約1億1千万円)とも言われています。またトランプ大統領がメラニア婦人に贈ったものは、12カラットのダイヤモンド。推定価格は150万ドル(約1億6千万円)。最近では結婚10周年を祝した25カラットのダイヤモンドが話題となりました。そしてハリウッド女優で、モナコの王妃となったグレース・ケリーに贈られたものもダイヤモンド。センターピースとその両側にダイヤモンドが配された華やかなデザインの指輪だったことは有名です。

ダイヤモンドは、どの時代も人々の心を魅了します。デザインにもトレンドがありますが、ファッションとして楽しみながら”石”としての価値が高い一品を選べるよう、ダイヤモンドを愛してやまない著名人をお手本にするのもいいかもしれません。

2013年にハリー・ウィンストンが入手した101.73カラットのダイヤモンド「ウィンストン・レガシー」

店舗のご案内