神秘的で深い緑色が印象的なエメラルド

DATE : 2019.2.12
TEXT : Tomoko Kato

絶世の美女と謳われた女王クレオパトラが魅了されたことでも有名なエメラルド。好んで身に付けただけでなく、アイシャドーとして使用するなどエメラルドに囲まれるように暮らしていたとも言われています。その執着ぶりは、エジプトに自身の名前を付けたエメラルド鉱山を所有するほど。5月の誕生石としても愛されるエメラルドの魅力に迫ります。

結晶構造により名称が変化する不思議な石

エメラルドは緑柱石(ベリル)に属しています。しかしベリルを構成するクロム原子や酸素原子の距離などの微妙な違いにより、結晶構造が影響を受け色合いが変化。色の変化により、石の名称も変わってゆきます。例えば、海水青色だとアクアマリン、ピンク色だとモルガナイト、黄色系だとヘリオドールやゴールデンベリル、無色だとゴッシュナイトに。これだけでも非常に興味深い不思議な石ではなりますが、同じ緑色でも名称に変化が。緑色のベリルでも鉄など他の原子と結合した場合は、エメラルドではなくグリーンベリルという名称の石に分類されるのです。

人の心を安らかにする神秘的なパワー

エメラルドは硬度7.5〜8と貴石の中でも比較的硬いものとされています。しかし、内包物(インクルージョン)が多く、傷つきやすい繊細な一面も。このインクルージョンは、クロムなどが結晶時に入り込んだもの。これが傷の原因となり、脆さの源となっています。同時に、クロムはエメラルドを鮮やかな緑色に輝かせるのには不可欠な存在。クロムがなければ、エメラルド特有の美しい緑色にはなりません。エメラルドの脆さと美は、表裏一体となっているのです。

またエメラルドの中でも、最良の緑色に輝くものは紀元前4千年頃から人の心を安らかにする神秘的な石として珍重されてきました。気持ちをリラックスさせて、人間関係を良好に導く石として、エメラルドはあまりに有名な石となっているのです。

エメラルドの評価基準は色合いと透明感を重視

一言でエメラルドグリーンと呼んでも、深い色合いのものから浅い色のものまでさまざま。そのため、エメラルドを評価する際には、緑色の色合いを正確に見極めることがポイントです。イメージは「深く、鮮やかな緑」。そして、曇りがなく透明感の高いものほど評価が高くなってゆきます。

世界的に、最高ランクとされるエメラルドはコロンビア産であることがほとんど。これは、母岩との密接な関係によるもの。コロンビア産のエメラルドは石灰岩に付着するため、エメラルドに入り込む内包物が黒くならないという特徴があるのです。

また緑色の濃淡は最高品を100点として、薄すぎても黒すぎても同様に減点してゆく方法を取っています。そのため、やや薄いものとやや濃いものとが同じ評価を受けることも。その際は、自身の主観で綺麗だと感じる方を選択すると良いでしょう。

内包物(インクルージョン)に過度にこだわる必要はありません

エメラルド以外の石を測る場合、内包物は少なければ少ないほど価値が上昇してゆきます。エメラルドも例外ではないですが、目障りだと思うほど多く内包物が含まれている場合を除き、さほど気にする必要はありません。

エメラルドは緑柱石(ベリル)の一種ですが、不純物が全く含まれていないベリルは無色透明。クロムイオンやバナジウムが含まれて初めて、美しい緑色に輝くのです。そのため内包物はエメラルドにとって、なくてはならない存在なのです。また、内包物があることにより、石に入射した光が屈折。この屈折が、冷たい印象を与えがちなエメラルドに暖かみを添え、石の魅力を引き出しています。

多くの女性に愛されるエメラルド

数年前、アンジェリーナ・ジョリーがエメラルドを身につけたことで一躍人気に。幸運と希望の神秘の緑色は、今なお世界中の女性に愛されています。ブームの火付け役となったアンジェリーナ・ジョリーは、もともとエメラルドの緑色が大好きでした。彼女が2009年、アカデミー賞授賞式に大きな緑色のイヤリングとリングを着用し登場。そのあまりの美しさが世界中の注目を集め、人気となりました。その後も幾度となくレッドカーペットでエメラルドを着用。モードな装いにも上品に合わせて着こなしています。2012年のニューヨーク批評家協会賞の授賞式では、約50カラットの巨大なエメラルドのネックレスとピアスを纏って話題となりました。

ジュエリー好きとして知られる女優ブレイク・ライヴリーも2009年以降、レッドカーペッドでエメラルドを着用することが多くなりました。2011年に行われたパーティではVERSACE(ヴェルサーチ)のワンピースと、VERSACE for H&M(ヴェルサーチ フォー エイチアンドエム)のジャケットに合わせて大ぶりのエメラルドイヤリングとリングを。鮮やかな緑が、瑞々しい女性の魅力を引き立てます。

また、大人の女性のコーディネイトを見せてくれたのはヴィクトリア・ベッカム。完璧で美しいボディラインを強調するドレスに、存在感抜群の巨大なエメラルドリングを合わせました。シックなドレスの差し色に、一点豪華主義でエメラルドを合わせるのは彼女ならでは。観衆を、アッと言わせるファッションで魅了してくれます。

2012年3月に公開された映画「クラウド アトラス」のプレミア上映に現れたハル・ベリーの指にもエメラルドが。これは当時、フィアンセのオリヴィエ・マルティネスからプレゼントされたもの。オリヴィエ・マルティネスは地元、パリにアトリエを構えるジュエリーデザイナー、ロベール・マズロにデザインを託しました。マズロ家は代々ヨーロッパ王室用のジュエリーデザインを手がけてきた由緒あるジュエラー。現在もヴェネチア王室の御用達とも言われています。

このように、時を超え、世代を超えて愛され続けるエメラルド。深く吸い込まれそうな緑色を一つ手に入れてみるのはいかがでしょうか。主張しすぎないサイズなら、和装にも洋装にも合わせられます。世界中で人気のエメラルド、今後ますます市場価値は上がっていくと予想されます。資産価値のあるエメラルドに出会ったら、多少値が張るものでも思い切って購入してみるのもいいかもしれません。