春の訪れを感じる、フラワーモチーフのハッピージュエリー

DATE : 2019.5.8
TEXT : Tomoko Kato

暖かな春の陽気に包まれて、ワクワクする季節。軽やかなファッションに身を包み、自然と心踊る日も多くなってきます。ちょっぴり嬉しい気分の時は、首元・手元で春を感じてみてはいかがでしょうか?これからの季節に活躍するフラワーモチーフのジュエリーをご紹介します。

軽やかなファッションにフラワージュエリーを添えて

日本を代表するジュエラー「ミキモト」。そのミキモトが展開するシリーズの中に、パリのヴァンドーム広場に舞い落ちるバラの花びらからインスピレーションを受けたシリーズ「Les Petales Place Vendome」をご存知でしょうか?軽やかに舞う花びらにダイヤモンドを散りばめた可憐なモチーフは、合わせる服を選ばないシックなデザイン。さりげなく揺らめくパールが、シックな大人のスタイルに仕上げます。ペンダントやイヤリング・ネックレスなど種類も豊富。春らしい統一感のあるコーディネートが楽しめます。

また指先で春を感じるジュエリーシリーズと言えば、ヴァン クリーフ&アーペルの「フリヴォル」。そよ風の中で花々が踊るようなグラフィカルなデザインが特徴です。花芯に配されたダイヤモンドの輝きは、付けるだけで手元を明るい印象に。鏡面仕上げてまばゆく輝くゴールドは、有機的なフォルムをより一層引き立てます。どんな着こなしにも馴染みやすく、上品な女性らしさを演出してくれる「フリヴォル」は、一つは持っていたい憧れのシリーズです。

ミキモトの「Les Petales Place Vendome」コレクション

ヴァン クリーフ&アーペルの「フリヴォル」コレクション

花びらを一枚一枚繋ぎ合わせるペーパーフラワーをジュエリーに

昨年9月に発表された「ティファニー ペーパーフラワー」は、チーフ・アーティスティック・オフィサーのリード・クラッコフによるジュエリーコレクション。「ファインジュエリーのルールーを取り除く」を追求しているリード・クラッコフがデザインの着想源として選んだのは、紙でできた繊細な花びら。ペーパーフラワーのように、花びらを一枚一枚丁寧に繋ぎ合わせて留めて行くところからアイデアが誕生しました。従来のジュエリーは実際の花をモチーフにしていますが、同シリーズは架空の花からイマジネーションを得ているのが特徴的。中央にプラチナのピンを配して、囲みこむように繊細な花びらを再現しています。アシンメトリーな花びらを、細部に至るまで精巧につくりこみナチュラルに繋ぎあわせています。遠目から見ても輝きを放つように、地金は全てプラチナを使用。花びらの丸みが優しい印象を与え、肌馴染みも良いのでコーディネートしやすいのが魅力です。従来の花のイメージを覆す、フラワーモチーフシリーズとなっています。

また、ダイヤモンドフラワーには、イエローダイヤモンドやパープルのタンザナイトが添えられたものも。鮮やかに輝く蛍やアイリスの花を表現しており、ティファニーの自然を愛する姿勢を垣間見ることができます。ティファニーのこだわりが詰まった同シリーズは、素材は最高級のものを使用しながらも、気軽につけられるデザインを意識。バリエーション豊富なラインアップで、見る人をワクワク楽しい気分にさせてくれます。デイリーに取り入れやすいエフォートレスなデザインは、いつものコーディネートにプラスするだけで、スタイル全体をアップデート。お花好きには、ぜひチェックして欲しいシリーズです。

昨年、同シリーズを祝福しニューヨークで行われたイベントでは、タクシー・メトロカード・スケーターなどニューヨークのストリートを象徴する光景やアイテムがティファニーブルーに彩られました。同日夜に開催されたパーティには、女優のエル・ファニングをはじめ、ミシェル・ウィリアムズ、ケンダル・ジェンナーが登場。映画『ティファニーで朝食を』の中で、オードリー・ヘップバーンが歌った「ムーン・リバー」をリメイクした、エル・ファニング主演のフィルムを公開した他、楽曲でコラボレーションしているヒップホップアーティスト、エイサップ・ファーグが180年以上の歴史で初めてとなる店内でのライブパフォーマンスを開催するなど、会場を熱い熱気で包み込みました。

「ティファニー ペーパーフラワー」コレクションのイメージムービー

イエローダイヤモンドをつかった「ティファニー ペーパーフラワー」コレクション

パープルのタンザナイトをつかった「ティファニー ペーパーフラワー」コレクション

クラシカルで気品溢れる「サンフラワー」コレクション

1781年創業の、英国王室御用達ブランド「アスプレイ」。映画「タイタニック」で出てきたブルーサファイアのネックレスを手がけたブランドです。クラシカルで気品のあるデザインが人気で、英国のキャサリン妃も愛用しているそう。中でも注目は、ゴールドに繊細な彫金を施し、生き生きとした生命力溢れる花を再現している「サンフラワー」コレクション。思わず目を奪われる繊細な細工のジュエリーは、アンティークな趣もあり、時空を超えた美しさを感じます。余計なものを削ぎ落としたシンプルさの中に、凛とした存在感を感じるデザインが魅力。花弁の一つ一つには、花脈に見たてた縦のラインが掘られています。ダイヤモンドを散りばめて華やかさをプラスしたデザインは、周囲の視線を集めること間違いなし。ガーデニングが盛んな英国で、古くから親しまれてきたフラワーモチーフのジュエリーは、時を超えてなお世界中の人々に愛されています。

世界中でさまざまなブランドが手がけているフラワーモチーフのジュエリー。身につけるだけで一気に春らしさを演出します。優しい花のジュエリーは、5月の母の日のプレゼントとしても喜ばれそう。指先や首元に、そっと可憐なフラワージュエリーを添えて季節のコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

アスプレイの「サンフラワー」コレクション