ジュエリーにピンクを取り入れてハッピーな気分に

DATE : 2019.5.8
TEXT : Tomoko Kato

穏やかで優しく幸福感を感じさせてくれるピンク。ピンクのアイテムを身につけるだけで、一気に女性らしさや柔らかい印象がアップします。コーディネートにピンクを上手に取り入れれば、人間関係により良い影響にもたらすことも。ハッピーカラーの代表とも言える、ピンクの魅力とジュエリーについてご紹介します。

優しさや落ち着きを想像させる優しい色合い

色には不思議な効果があり、古くから「色」による癒しの効果が確認されています。また人への心理的効果として、ピンクは気持ちを落ち着かせて優しさや愛に満ちた気分にさせるというデータも。ピンクが視界に入ると強い力が出にくくなる効果も確認されており、海外の刑務所では、壁がピンク色に塗られていることが珍しくありません。刑務所内のトラブル防止や再犯率低下を目指して壁や床、服装に至るまでピンクで統一していることもあるほどです。ピンクは優しい気分に導いてくれる色なので、人間関係でトラブルが起きてしまい関係を修復したい時には、積極的にピンクを取り入れましょう。

そんな優しいピンク色ですが、上品で春らしいコーディネートとしてジュエリーや小物にピンクを取り入れてみるのがおすすめ。まずはワンポイントで取り入れて、ファッションやメイクと合わせてみましょう。さらにピンク色は、女性ホルモンの分泌を促進させ美容効果があると言われています。中でも淡い色のピンクは自律神経を整え、血行促進や美肌効果も期待できそう。メイクでもこの効果が発揮され、ピンク色のチークをのせるだけで血行が良くなり若々しい印象に。ピンクは日本人の肌との相性が良いので、ぜひ取り入れてみてください。今年の春夏ファッション・メイクは、ピンクを上手に取り入れて女性らしさを表現しましょう。

ハイジュエラーからも人気が高いピンクサファイア

ハッピーカラーの代表とも言えるピンク。人気のジュエラーも、ピンクを取り入れたジュエリーを多数紹介しています。例えばブルガリの「ディーヴァ ドリーム」。古代ローマの洗練されたモザイク装飾と、カラカラ浴場にインスパイアされた扇状のモザイクモチーフがアイコニックなシリーズです。エレガントで優雅なデザインは、ブルガリの歴史的遺産にオマージュを捧げているもの。デコルテやフェイスラインに鮮烈な印象を残すピンクサファイアが美しいこのシリーズは、時代を象徴するティーヴァたちからインスピレーションを得ておりイタリア・フェミ二ティの真髄を表現しています。

また昨年はティファニーが、ブランドのイニシャルである「T」をモチーフにした「ティファニーT」シリーズの日本限定モデルを数量限定で発表して話題となりました。発表したのは、「ティファニーT」の中でもスマイルマークにも似た曲線が印象的な「ティファニー T スマイル マイクロ ペンダント」で、18Kローズゴールドにピンクサファイアを組み合わせたもの。可愛らしいカラーリングが女性たちの心を奪い、一瞬で火が付いたティファニーの限定モデルです。

ブルガリ「ディーヴァ ドリーム」

「ティファニー T」コレクションのイメージムービー

ジュエリーと合わせてリップにピンクをプラスして旬な表情に

ジュエリーに合わせてメイクにピンクを取り入れるなら、リップにピンクカラーをプラス。この一手間で、一気に春らしい印象に変わります。リップやチークはオレンジ派でピンクに抵抗がある人は、まずはマットでも少しだけ艶のあるものや透け感が高いものを取り入れて。シアーな質感のリップを素染めづけした後、軽やかにトントンと唇に重ねてみましょう。主張しすぎない自然な落ち着きと、大人っぽさ、ヘルシー感が重なり、洗練された透明感のあるリップに仕上がります。

ピタッとヌードな唇を目指して、肌馴染みの良いナチュラルなピンクを選ぶのも旬なメイクへの近道。カラーの質感は残したいけれど余分な艶や色を撮りたい時は、直接指で抑えるのもテクニックの一つです。ほどよい抜け感が出て、血色が良く自然に唇全体が染まったような印象に。また春メイクをはじめファッションやヘアカラーにパープルを取り入れるのが今季のトレンド。パープル感を保ちつつ、ピンクの要素を取り入れたいならラベンダーピンクのコスメがおすすめです。ピンクの甘さとパープルの辛さの両方を楽しむことも。ラベンダーピンクを使用する場合は、服はあえてベーシックなスタイルでまとめましょう。こうすることで旬なメイクとジュエリーがより一層引き立ちます。

「ディオール アディクト ステラー シャイン」のイメージムービー。コンセプトは「BE DIOR. BE PINK.」