2019SSトレンドカラーに合わせたいイエロージュエリー

DATE : 2019.5.10
TEXT : Tomoko Kato

2019SSトレンドカラーである暖色カラーや砂漠カラーであるニュートラルカラー。トレンドカラーに合わせたい、今年一押しのイエロージュエリーをご紹介します。

2019SSはトレンドカラーを攻略

白や黒など無彩色のことをニュートラルカラーと呼びますが、中でも今年はベージュやアイボリー・ブラウン・テラコッタなどが注目を集めています。ファッションでは、ニュートラルカラーを取り入れたマキシワンピースやパンツが目につくことも。引き続きワントーンコーデも人気で、店頭ではますますバリエーションも広がっています。

そんなニュートラルカラーにファッションに合わせるのは、イエロージュエリーがお勧め。イエローは「金運アップ」や「幸せの色」としても有名で、身に着けるだけでポジティブな気分にさせてくれます。今年の夏は、そんなイエロージュエリーを日常使いで取り入れたい。そんな人は4月の誕生石であるイエローダイヤモンドを合わせてみましょう。ダイヤモンドはさまざまなカラーがありますが、イエローダイヤモンドは爽やかで明るい輝きが魅力。淡いイエローから濃いイエローまで、カラーバリエーションが豊富なのでお好みの色を選んでコーディネートしてみましょう。

ソーシャルライト(由緒正しきお家柄に生まれた社交界の名士やその家族のこと)であるオリビア・パレルモと夫でモデルのヨハネス・ヒューブルが2014年、結婚した際に注目を浴びたシックなエンゲージリングにもイエローダイヤモンドが使用されていました。センターストーンは推定約3カラット、クッションカットのイエローダイヤモンドの回りをホワイトダイヤモンドで取り囲んだゴージャスなリングが人々に強い印象を残しました。

またニュートラルカラーファッションを主役にジュエリーを選ぶなら、ダイヤモンドに匹敵する屈折率と分散度が自慢のスファレライトもお勧め。まばゆいばかりの輝きを放つのが特徴ですが、透明度が高いものはクライオフェンとの別称も持ち「幻惑の石」とも呼ばれています。モース硬度が低いことから取り扱いには十分注意が必要ですが、コレクターからは根強い人気を誇っています。

他にもシトリンやイエローサファイアも、ニュートラルカラーと相性抜群。シトリンは古くから「富をもたらす石」としても知られています。英国のキャサリン妃もシトリンのジュエリーを度々身に着けるシーンが。キャサリン妃はベージュやブラウン系のファッションと合わせることで、優しく上品なコーディネートに仕上げています。また。イエローサファイアはコレクターの間でも人気のカラー。サファイアといえば、美しいブルーを思い浮かべる人も多いですが、オレンジ〜イエローの発色をするものをイエローサファイアと呼んでいます。五大ジュエラーの「ハリーウィンストン(HARRY WINSTON)」は、ペアシェイプ ダイヤモンドのフォルムに着想を得た「ループ コレクション」でイエローサファイアのジュエリーを展開。透明感のあるハッピーカラーが、身に着けるだけで優雅さと洗練された美しさを演出してくれます。

ニュートラルカラー

ハリーウィンストンの「ループ・コレクション」

メイクとジュエリーも、ニュートラルカラーで旬顔に

せっかくジュエリーはイエロー、ファッションはニュートラルカラーを取り入れたのなら、メイクもアレンジしないともったいない。そんな時は、下まぶたにそっとフレッシュな色をプラスしてみて。いつものアイメイクも下まぶたを効果的に使うだけて一気にトレンド顔に早変わり。ニュートラルカラーに合わせて、イエローやオレンジブラウンを添えてみるのがおすすめです。

季節を問わず人気のブラウンカラーを上まぶたに塗ってから、下まぶたに好みの色をオンするだけ。目元をそんなに強調したくない人は、肌なじみの良いゴールドイエローを下まぶたにのせてみましょう。これだけで、ジュエリーがきわ立つ旬な顔に変身できます。また、ネイルをニュートラルカラー系でまとめるのも、簡単に統一感が出せる方法。手元はフトした仕草で、顔周りにくることが多い部位。指先とメイク、ファッションをニュートラルカラーで合わせれば、イエローでまとめたジュエリーもより一層きわ立ちます。

今年の夏は、旬なニュートラルカラーを取り入れて。女性らしい、優しく上品なコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。