トップメッセージ

ジュエリー業界全体の構造改革を目指す

毎年、約1兆円のジュエリーが国内で販売され、過去50年間に売られたジュエリーは売価ベースで60兆円、数で言えば8億個にまで拡大しているにも関わらず、セカンダリーマーケットのニーズにフルラインで応えられる企業はこれまで存在しませんでした。そのため使われなくなったジュエリーは、家庭のタンスなどに眠ったままになるケースがほとんどでした。

ジュエリーはデザインを変えることで何度も新しい価値がうまれ、輝くことができる「資産性を持つファッションアイテム」です。新品と中古とでクオリティに差が無いこと、革製品・自動車・本・衣類とは異なり、価値が消耗しないこと、地金相場が存在し換金性が極めて高いこと、といった特徴があり、今後は欧米と同様にセカンダリーマーケットが主流になります。

欧米スタイルの豊かなジュエリーライフを日本に広めるパイオニアとして、古い日本のジュエリー業界を革新するリーディングカンパニーとして、私たちはジュエリーの価値(デザイン価値・資産価値)を見極め、その価値を最大化するサービスの提供を最大の武器とし、常に新しく、ジュエリーの価値を高め続ける会社を目指しています。

ジュエリー好き、集まれ

当社サービスが産声を上げたのは2004年5月(会社化は2008年9月)。世の中に「任天堂DS」や「iPad(Mini)」といった今では広く普及したおもちゃ・製品が発売された年でした。我々は、その時代から“ジュエリープランニング”といった概念を創り上げ、世の中に発信し続けきました。

世の中に存在しない概念を理解していただくのはなかなか困難で、今まで色々な失敗を経てきました。「何を言っているのか分からない」「結局何ができるの?」等々、お客さまからは様々なお声をいただいてきました。

ただ、当社にはジュエリー好きな方が大勢在籍しており、お客さまからお叱りを受けても、ジュエリー好きといった観点でお客さまと心を通わし、継続してサービスを愚直にブラッシュアップし続けた結果、多くのお客さまにご支持をいただけるようになってきました。

2019年は平成が終わり新しい時代が始まる年です。その中でも当社は変わらず“ジュエリープランニング”をより多くのお客さまにお伝えし、もっともっとジュエリーを好きになってくれる方を増やしていきたいと思っております。

「好きこそものの上手なれ」。ジュエリー好きなあなたの参画をお待ちしております。

株式会社ジュエリーアセットマネジャーズ
代表取締役社長 木野瀬 祐太